ヘアケア用品の失敗しないつけ方

2014年9月22日 / 未分類

ヘアケア用の美容液や保湿液などさまざまな用品が販売されています。ほとんどの商品が頭皮の保護、髪の保護などをうたっています。

 

しかし、商品によって利用方法、用量がまったく違うので自分勝手な使い方では効果が出ないばかりか、悪影響があることもありますので注意が必要です。正しい商品の付け方は説明書に書かれていますが、どの商品でも共通しているのは頭皮と髪を清潔にしておくことです。

 

また、シャンプーやリンスは利用してもよいですが、ヘアカラーやコーティング剤などの髪や頭皮にコーティングをしてしまうような化粧品は利用しないことが注意書されていることが多いようです。

 

 

商品は髪や頭皮を清潔にする効果をうたっていなければ基本的に浸透して効果が現れるようになっています。そのため、浸透しづらいコーティング剤や汚れは商品の効果を減らしてしまいます。商品の効き目は個人差がありますので効き目が弱いからと言って用量を守らずに利用したり、逆に強すぎるから減らすと言う事のないように利用する必要があります。用量を多めに使うと皮膚炎を起こしたり、髪を痛めることになることも多いですし、少ない量でも効く場合は頭皮や髪に強すぎるため商品の利用を検討し直すことが重要です

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る