ヘアケア剤の髪量による適量とはどのくらい?

2014年9月22日 / 未分類

ヘアケア剤は多くの会社からさまざまな商品が販売されています。

 

同じ会社でも成分や用量を変えることで頭皮や髪の状態に合わせた商品を販売しています。商品にはすべて適量が指定されています。買ってきて、すぐにパッケージや説笑み書を読まずに捨てる方がたまにいますが、商品によっては利用した量と適量との差が倍以上あったこともあるようです。

 

特に頭皮に使う商品では刺激が少ない商品が多いこともあり、多めに利用される方が多いようです。

gf2160257901l

頭皮に使う商品は毛根に作用したり、頭皮の保湿を向上させるなどの効果がありますが、多めにつけると毛根に余分な負担をかけることになり、かえって悪影響があることがあります。頭皮へのダメージはふけや痒みとなって表れることが多いようです。

 

髪のケア商品は髪をコーティングしてくれる場合が多いですが、髪ケア成分の中で個人差はありますが、頭皮に影響がある場合もあるので適量を利用して頭皮に影響があると分かったら利用を止めるなどの対策が必要です。

 

ケア商品は髪の量に合わせて利用する量を減らすことが重要です。特に髪の量が少ない場合は頭皮へケア商品がついてしまうことも多く、毛根へのダメージがある場合がありますので注意が必要です

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る